創生デザイン学科

キャンパス紹介

On Campus

40号館

40号館

40th Building

2013年に竣工した40号館は学科事務室、研究室を収容すると共に、演習系の授業が行われる創生デザイン学科の中心となる建物です。デザイン作品製作設備(木材・金属など)、SolidWorksやAutoCAD、Revit Architecture等の三次元CADや調査分析用のArcGIS、製図台など、贅沢な制作環境が用意されています。

40号館

[主要機材]
製図台(平行定規)、卓上ボール盤、卓上ジグソー、電気ディスクグラインダ、トリマ、ルータ、オービルサンダ、ベルトサンダ、電子ポリッシャ、ベルトジスサンダ、ベルトソー、電気かんな、ノートパソコン用拡張モニタ、他(以上40号館)
250kg高周波炉、150kg高周波炉、NC彫刻機(9号館)

リバース

リバースエンジニアリングシステム(40号館)

Reverse Enginieering System

2010年に文部科学省より補助を受け導入された最新の研究用システムで、3次元スキャニングやモデルの自動制作(3Dプリント)が可能です。デザイン演習等の授業にも使用されます。
[主要機材]
3次元プリンター Z450
3次元スキャナー VIVID
デジタルクレイモデラー FREEFORM
レーザー彫刻機 EPILOG

39号館

39号館

39th Building

生産工学部創設60周年を記念して2012年3月に竣工した、工房、カフェテリア、教室、ホールなどを要する地上6階建ての複合棟。
1Fには学生の自由な創作活動の中心地となる未来工房があり、
広大なスペース、多様な設備機器、作業ブースを備えた充実した環境が整備されています。

37号館

37号館

37th Building

2004年3月に竣工した新教室棟。地上8階建てで正門の正面に位置し、学部のシンボル的存在となっています。
1Fには大講堂があり、ゲストを招いての講演会やシンポジウムなど多彩な催しが開催されます。
天気がよい日には最上階の8階から南は幕張の高層街から東京湾、西はスカイツリー、北は関東平野が望めます。

図書館

図書館(16号館)

Library

図書が約25万冊、国内外の学術雑誌約1,600タイトルを所蔵。
8階建ての建物内には、各階の開架式書架を中心に閲覧室・ビデオブース・自習室・特別研究室等を備えています。オンライン検索で蔵書を探すことができ、自宅からも24時間、検索が可能です。
また、千葉工業大学、東邦大学(習志野キャンパス)と相互利用(貸出、閲覧、複写サービス)もできます。
*貸出は三大学とも習志野市内のキャンパスのみ利用できます。

体育館

体育館(25号館)

Gymnasium

体育館、屋内プール、トレーニングルームが収容されている施設。
学生へのプールやトレーニングルームの開放もあり、申し込み制で利用することができます。
利用申し込みは、25号館1Fにある体育館事務室で受け付けます。

8号館/9号館

8号館/9号館/14号館

8th / 9th / 14th Building

8号館、9号館、14号館はいずれも創生デザイン学科の演習系の授業が行われています。デザイン作品製作設備(木材・金属など)、大学としては有数の鋳造設備(鉄鋼用溶鉱炉)、SolidWorks(1,500ライセンス)やAutoCAD、Revit Architecture(2,000ライセンス)等の三次元CADや調査分析用のArcGIS(学部サイトライセンス)、製図台など、贅沢な制作環境が用意されています。

32号館/38号館

32号館/38号館

32th Building / 38th Building

大学レベルでは例を見ない最新鋭の機器を備えたセンター棟。
2000年に文部科学省より選定を受けて、2001年に竣工した施設です。生産工学研究所が主体になって、環境工学、特に環境に優しい生産技術の確立を目指して、先端技術に関する研究が行われており、すでに多くの成果を得ています。
今後、国内外の研究機関との共同研究の核になるものと期待されています。

日本大学生産工学部創生デザイン学科

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
047-474-9780(学科事務室)
047-474-2246(入試センター)
自主創造 日本大学