創生デザイン学科

資格について

Qualifications

卒業により受験科目が一部免除される資格

国家資格:技術士第1次試験(技術士補:機械部門、環境部門、情報部門)

関連する資格

国家資格:造園管理施工士、基本情報技術者、応用情報技術者
国家認定資格:文部科学省後援色彩検定、環境カウンセラー
民間資格:インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、GIS上級技術者、認定人間工学専門家

参考表

資格名 本学科との関連性 備考
科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを認定する技術士には21部門が設けられているが、本学科は特に機械部門・情報部門・環境部門に関連が深い。
免除試験科目以外の試験科目に対応する授業科目: プロダクトデザイン専門工学科目群(機械部門)
スペースデザイン専門工学科目群(環境部門)
システムデザイン専門工学科目群(情報部門)
大学理科系学部の卒業者は1次試験共通科目が免除される(技術士法施行規則(昭和五十九年三月二十一日総理府令第五号)第6条)。
一次試験合格後、登録により技術士補となることができる(登録しなくても二次試験は受験可能)。
一次試験合格後、所定の実務経験を経て二次試験を受験し、合格後技術士となる。
第一級と第二級に分かれ、公園や緑地、遊園地などの造園工事の施工計画を作製し、現場の工程管理、資材等の品質管理、作業の安全管理等の業務を行う。
対応する授業科目:ランドスケープデザイン、ランドスケープデザイン演習、リモートセンシング
受験には、大学指定学科卒業後、一定の実務経験が必要。
本学科スペースデザイン専門工学科目群により、「履修科目・単位数に応じ指定学科と認められる学科」となることが予想される(建設業法施行令(昭和三十一年八月二十九日政令第二百七十三号)第二十七条の五)。
ファッションコーディネート色彩能力検定とは、社団法人全国服飾教育者連合会が実施している色に関する知識や技能を問う試験である。一般に色彩検定と呼ばれる。2005年度までは文部科学省認定であったが、2006年度からは文部科学省後援となった。
対応する授業科目:デザイン史、色彩・明視論、デザイン心理
受験資格に制限はない。
環境カウンセラーとは、「市民活動や事業活動の中での環境保全に関する取組について豊富な実績や経験を有し、環境保全に取り組む市民団体や事業者等に対してきめ細かな助言を行うことのできる人材」として環境省に登録されている人を言う。環境省所管の人材登録制度である。本学科スペースデザイン専門工学科目群全般と関連が深い。
対応する授業科目:環境とエネルギー、エコ・エコノミー
受験資格に学歴的な制限はないが、実務経験が必要。
建築物のインテリアの設計等に携わる技術者を対象として、専門の知識や技能について試験を行い、試験に合格し、登録資格の要件を満たした者に、登録の手続きを経て〈インテリアプランナー〉の称号が付与される。
対応する授業科目:デザイン製図演習Ⅰ・Ⅱ、スペースデザイン製図演習Ⅰ・Ⅱ、生活デザイン、空間設計論、空間計画論
満20歳以上の者。ただし登録は学歴及び実務経験によって制限を受ける。
インテリアコーディネーターとして必要な知識、技能を身につけているかどうかを判定するための試験で、一次試験は択一式問題の二科目、二次試験は論文試験、プレゼンテーション試験の2科目。
対応する授業科目:色彩・明視論、ユニバーサルデザイン、生活デザイン、空間設計論、空間計画論
受験資格に制限はない。
光源や住環境に合った照明知識を身につけ、照明計画の提案やコンサルティングをする能力を問う試験。本学科デザイン専門工学科目群と関連が深い。
対応する授業科目:照明デザイン、照明文化論、エレクトロニクス・ライティングデザイン、電気・電子回路基礎
受験資格に制限はない。
GIS(Geographic Information Science:地理情報科学)分野における様々な活動の技術水準を保証するための認定制度。この認定制度は学術的な活動のみならず、実務的な活動に重きを置いている。認定を受けることにより、GISについての専門的な能力をもつことを対外的に証明することができる。この制度により認定を受けた技術者には、GIS上級技術者の資格が授与される。
対応する授業科目:地理情報システム科学及び演習、空間情報解析及び演習、リモートセンシング
審査は、学歴や講習会の受講等を含む「教育達成度」、実務経験に基づく「経験達成度」及び学会への参加等専門分野に対する「貢献達成度」の3つのカテゴリの合計ポイントに基づく。申請者は申請書式に従い、自身が保有するポイントを申請することで資格を取得することができる。
人間工学の知識、技術、問題解決能力が、一定の基準を満足する技術者を認定する制度であり、世界に通用する高い品質の仕事を行うことができる人間工学実践者を認定することを目的としている。コースを問わず、本学科と関連の深い資格である。
対応する授業科目:人間工学、安全システム工学、エルゴノミクスデザイン、ユニバーサルデザイン、人間・機械調和技術、デザイン心理、色彩・明視論、照明デザイン
認定人間工学専門家は、大学または大学院における3年以上の人間工学の専門教育と2年以上の人間工学の実務経験を有し、かつ筆記試験及び面接試験に合格した者が認定される。また、人間工学準専門家は、大学または大学院における3年以上の人間工学の専門教育を受けた者が認定される。
なお、本学科のカリキュラムは、人間工学の専門教育に相当する。

日本大学生産工学部創生デザイン学科

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
047-474-9780(学科事務室)
047-474-2246(入試センター)
自主創造 日本大学