創生デザイン学科

永井美穂さん 2012年卒業|卒業生に聞く

パッケージデザインでもプロダクトデザインでもものづくりの本質は「人を思う」ことだと考えています

株式会社フェニックスエンジニアリング パッケージング・ソリューション部 企画開発課
永井美穂さん
2012年卒業(創生デザイン学科 プロダクトデザインコース)

小さなころから手を動かして何かを作ること、いわゆる「ものづくり」が大好きで、将来もものづくりに携わる仕事に就きたいと考えていました。高校生のころ、進路を決めるにあたって学問の分野を調べていくうちに、工学に基づいた「デザイン」に興味が湧き、ものづくりのフローや考え方を学べる創生デザイン学科へ入学しました。
入学後は、鳥居塚崇先生の講義で「人間工学」や「感性工学」を学び、デザインの理由を考える楽しさに目覚めました。人間工学以外の制作課題のカリキュラムなどでも「一目で郵便物の値段が分かる秤」や「色弱の方にも使いやすいWebサイト」など、常に人間工学にあてはめるとどんなものができるかと考える日々でした。
4年次には鳥居塚先生の研究室に所属し、頭の中のイメージのギャップを解消するユーザーインターフェースを考える研究をおこなっていました。そのまま大学院で研究の道に進むことも少し考えましたが、やはり、ものづくりの仕事に就くことが昔からの夢でもあったので、調査や研究業務ではなく、設計に携われるフェニックスエンジニアリングに入社しました。
フェニックスエンジニアリングでは、音響・映像・通信機器を中心に、化粧品や3Dプリンタなど、あらゆる商品のパッケージの設計・開発を担当しており、ものづくりに携わる仕事をしたいという希望は達成できています。

ものづくりの成果をもっと世に出し、
自ら提案できるようになりたい

パッケージは、商品の設計・開発よりも短いスケジュールで動くということもあり、入社して3年目ですが、さまざまな案件に携わりました。どれも大変でしたが、最も印象に残っているのは、入社2か月目で担当した大手メーカーの健康器具のパッケージの設計です。
先輩社員のサポートはありましたが、パッケージの設計は初めてだったので、何もわからない状態でした。女性向けの商品シリーズで、パッケージも可愛らしいデザインで個人的に楽しめたのですが、会社でも前例のない新しい仕様をリクエストされ、基礎を学ぶと同時に、綺麗に無理なく組み立てられる方法を考える日々でした。
無事に完成し、商品が発売された時には、素敵なパッケージになっていて感動しました。 商品を買ってくださったお客さまが、開けているシーンを想像すると、設計してきた苦労が喜びに変わりました。
パッケージデザインというのは、単なる箱の形を作るだけではなく、製造コストや運搬のしやすさ、いかに商品を守れるかなど、考えることがたくさんあります。中でも、特に私が大切にしているのは、「関わる人たちへの配慮」です。
例えば、パッケージは商品を詰める前に組み立て作業が必要ですが、この作業は人の手でおこなわれます。組み立て個数は1日数千個にもなるので、作業効率はもちろん、作業者が手を怪我しないように配慮した、組み立てやすいパッケージを考えます。また、エンドユーザーのことも考え、開けやすく捨てやすいパッケージにすることで、商品を手にした時のわくわく感や感動を大きなものにする役割も果たせればと思っています。 パッケージに限った話ではないと思いますが、ものづくりとは人を想うこと。人間工学を学んだからこそ、普段からそう考えるようになりました。
ものづくりを仕事にするという夢は叶いましたが、まだ経験不足でもあり、クライアントからの要望に応えて提案する業務がほとんどでした。最近は、新しい提案を自分から出す、ゼロから考えるという場面が増え、どう評価されるのかも気になり始め、自分の力で売り込んでいきたいと考えています。

永井さん1 永井さん2 永井さん3

日本大学生産工学部創生デザイン学科

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
047-474-9780(学科事務室)
047-474-2246(入試センター)
自主創造 日本大学